タグ:観光 ( 4 ) タグの人気記事

トリニティ教会

トリニティ教会



ボストンの有名な観光地の一つである、トリニティ教会。ボストン図書館の目の前にあり、このあたりは観光名所が多いです。

トリニティ教会

トリニティ教会(トリニティきょうかい、: Trinity Church)は、マサチューセッツ州ボストンバックベイに位置し、米国聖公会マサチューセッツ教区の教区教会である。その信徒団は現在約3,000世帯に及び、1733年に設立された。現在の教区牧師はアン・ボニーマン師である。毎日曜日に礼拝が4回行われ、9月から6月までのウィークデーでは週3回行われている。トリニティ教会は「高教会派」と考えられる傾向にあるが、広教会であり続けている。

この教会は礼拝に加えて、地域社会への奉仕、パストラルケア(患者とその家族の心のケア)、子供や10代の者のためのプログラムおよびあらゆる年齢のキリスト教徒教育に積極的に関わっている。

この教会にはトリニティ聖歌隊、トリニティ・スコラ、トリニティ・コリスターズおよびトリニティ・チェンバー・クワイアなど高水準の聖歌隊が幾つかある。

1872年ボストン大火でサマー通りにあった元のトリニティ教会が焼けた後、現在の教会建物は当時の最も良く知られカリスマ的説教師だったフィリップス・ブルックス牧師(1835年-1893年)の指示で再建された。教会と牧師館はヘンリー・ホブソン・リチャードソンによって設計され、建設は1872年に始まり、1877年に献堂された。バックベイのコプリー広場にあるトリニティ教会はリチャードソンに対する評価を確立する建物になった。粘土瓦屋根、多彩装飾、粗い石材、重いアーチおよび重量感のある塔で特徴付けられるリチャードソン・ロマネスク様式の誕生地および原形となった。このスタイルは間もなくアメリカ合衆国中の多くの公共建築物に採用され、ヨーロッパカナダで模倣されたことでは最初のアメリカ建築様式となった。

(Wikipediaより一部抜粋)


外観はこんな感じです
周囲には高層ビルが立ち並んでいます…
e0345436_12260131.jpg

目の前にはボストン公共図書館もありますし、ニューベリーストリートも歩いて行けますので是非一度行ってみてください。






by kaigaiwataihenda | 2017-10-29 22:58 | ボストンの観光地 | Comments(19)

ケープコッド Cape Cod、プロビンスで

ケープコッド Cape Cod、
プロビンスで


日本でも有名なケープコッド。アメリカでも高級リゾート地として知られていて、夏場は人で賑わいます。
またJFKの別荘のあった場所としても有名です。

日本語での紹介がありました↓




エルメスの時計にケープコッドという名前のものがありますが、このケープコッドに由来しています。



e0345436_13090010.jpg
e0345436_13105929.jpg
e0345436_13165374.jpg

プロビンス市内は結構栄えています↓


e0345436_13140801.jpg
観光客もたくさん
e0345436_13152707.jpg

とても良いところでゆっくり出来ました。
またアメリカの良いところもたくさん知ることが出来ました。



by kaigaiwataihenda | 2017-08-02 13:07 | 米国の生活 | Comments(0)

ボストンの観光名所案内TV

ボストンの観光名所案内TV



ボストンの良い案内をしている動画を見つけました。結構ボストンの良いところが的確に説明されていると思います。観光の参考やちょっと海外気分を味わいたい方はご覧ください。個人的には野球に興味が無い方もレッドソックスの本拠地のフェンウェイパークは見て欲しいところですし、食事はオイスターとクラムチャウダーは絶品です。





私も色々散歩してみたいと思います。






by kaigaiwataihenda | 2016-12-11 01:56 | ボストンの観光地 | Comments(0)

メイフラワー号 IN プリマス

メイフラワー号
IN プリマス


ボストンから車で1時間くらいのところにプリマスと呼ばれる地域があります。ここは1620年に初めてイギリスから、アメリカに住民が移り住んだことで有名な場所です。その初めてイギリスから辿り着いた船がメイフラワー号になります。しかしながら後に彼らは先住民であるインディアンを迫害し、この土地を奪うことになります。そして、これがアメリカの誕生です。

プリマス

メイフラワー号
(以下Wikipediaより一部抜粋)
1620年9月、イギリス国教会の弾圧を受けた清教徒102人は、メイフラワー号でイギリス南西部プリマスから新天地アメリカに旅立った。66日の苦難の航海の末、マサチューセッツ州プリマス(Plymouth)にたどり着いた。彼らはピルグリムファーザーズ (Pilgrim Fathers)と呼ばれる。

 見渡す限りの荒野に降り立った彼らは、厳しい冬を迎えた。厳寒と病気のため半数以上が死亡したが、インディアンの助けによって50人ほどが生き残った。彼らは理想社会の建設に向けてひたすら働いた。一方で、原住民のインディアンとの紛争が始まった。当初は友好的だったインディアンも増え続ける移民に土地を侵略され怒りを爆発させた。入植者達は邪魔者となったインディアンの土地を奪い虐殺した。この征服戦争は1890年まで続いた。

第二次世界大戦後、メイフラワー号の航海を再現しようという動きが生まれた。海軍の設計士 William A. Baker によりなるべくオリジナルを忠実に再現した船が設計され、イングランドのデヴォンで1956年9月22日に進水し、1957年春に出航。アラン・ビリエ船長指揮下、1957年6月13日にプリマスの港に到着し、大歓迎された。この船は今もプリマスの港に係留されていて、一般公開されている。

そして私も行ってきました。。

完全に港町です↓
e0345436_06404810.jpg

メイフラワー号発見!↓
e0345436_03411528.jpg
中はこんな感じです↓
e0345436_03432619.jpg


アメリカではあまり歴史のある場所は少ないのですが、アメリカ発症の場所に来ることが出来ました。










by kaigaiwataihenda | 2016-08-16 03:43 | ボストンの観光地 | Comments(277)