ハーバード Acute care surgery 外傷外科教授 講演会

ハーバード Acute care surgery
外傷外科 講演会



少し前の話ですが、当院のAcute Care Surgery(外傷外科)の教授 Michael Yaffeの講演会があったので行ってきました。MIT&ハーバードの教授であり、また外傷外科医としてアフガニスタンにも行っており、また論文も多数出しており、過去にNatureも数本出していますね。。
最近は知りませんが、数年前は、2012年にCell、2013年にScience2本、Nature1本…
ちょっと凄すぎますね。。上記以外にも臨床論文も出してますし…

ちなみにMD(医師), PhD(医学博士)です。日本では市中での臨床医の先生でもMD,PhDは多いですが、海外ではMD,PhDはとても少なくacademic positionに関わる人くらいしか持っていません。
しかし外科系救急の分野で、日本にはこんなすごい人はまずいないと思います。。

Physician Scientistとして私の将来の目標像にかなり近いです。将来は自分自身は一救急医として目の前の患者さんの治療をしたいですが、同時にグラントを獲得して臨床研究をやりつつ、優秀なスキルを持つPhDを雇って疾患のメカニズムを解明するような研究も両方やっていきたいです。

今回は外傷後の凝固能と好中球についてです。academicな興味も私とかなり重なっています↓

e0345436_14584909.jpg


e0345436_11214304.jpg

e0345436_15052452.jpg


とても面白かったです。
私も頑張らなければとモチベーションもあがりました。。



by kaigaiwataihenda | 2017-02-14 07:19 | ドクターKの研究 | Comments(2)
Commented by M at 2017-02-15 02:27 x
お久しぶりです。
目標とする人や憧れる人がいる
というのは、いいですよね。
人生のモチベーションの急降下も救ってくれるし、指標にもなってくれる。
教授に追いつけ、追いこせですね。

半日過ぎましたが…
Happy Valentine💝
素敵な日をお過ごし下さい。
Commented by kaigaiwataihenda at 2017-02-15 12:29
コメントありがとうございます。
目標とする人は日頃は全然考えていないのですが、急にやってきますね。
そういう人と会うとモチベーションが上がります。

ボストンは日本より半日遅れなので、幸いまだvalentineです 笑
ありがとうございました
名前
URL
削除用パスワード
<< 留学の延長 久しぶりに激しい雪が… >>