日本版敗血症ガイドライン2016

日本版敗血症ガイドライン
2016

ついに日本集中治療医学会・日本救急医学会 合同作成の
「日本版敗血症診療ガイドライン2016」
The Japanese Clinical Practice Guidelines for Management of Sepsis and Septic Shock 2016 (J-SSCG2016)
が公開となりました。制作期間は2年以上、総勢73名メンバー(COI開示メンバー)が作成した日本でも大規模なガイドラインの1つだと思います。またARDSガイドラインや蘇生ガイドラインは日本のガイドラインの中でも評価は高いですが、このガイドラインも負けていないように思います。

現在Web上で公開されており、今後正式な冊子、ダイジェスト版が出てきます。
しかしながら予想以上に時間がかかることを身にしみて感じました。。たまたまボストンにガイドラインメンバーがいたので、よく留学先の仕事が終わった後にハーバード図書館に集合してこの仕事を夜中までやっていました。。

私はコメントする立場にありませんが、よく言われている長所・短所を記載しておきますと
(詳細は各自でご確認頂けたらと思います。)

長所
1. 前回当ガイドラインはSRをおこなっておらずエキスパートオピニオンのみであったが、今回はSRをおこない科学的根拠に基づいて導き出された推奨である。
2. 新基準のSepsis3にも対応し、また外国のガイドラインには記載のない小児、PICSなど敗血症で重要な問題に対しそのCQと結論が導き出されている。
3. 集中治療医学会と救急医学会の多学会合同ガイドライン
4. 一部のCQ(リコモジュリン、グロブリン製剤)では推奨を出していない
(多くの人が短所と考えているようですが、私は現時点で効果が不明なものは推奨を出さないというのも1つの方法なのではないかと思います。)

短所
1. 治療メタではRCTのみで観察研究を含んでいない
2. 検索エンジンはPubmed(Medline)の1つのみ (通常のSRでは3つ以上です)
3. GRADE方式を採用していない(*今回はMindsです。しかし診断メタはGRADE方式です)

などがあります。
敗血症は診療科を問わず重要なテーマですので、みなさまも見てみてください。










by kaigaiwataihenda | 2016-12-28 12:45 | 敗血症
<< 明けましておめでとうございます... 呼吸器ケア編集協力委員 >>