黒人のハーバード応募者

新たなハーバード外科の応募者



新たにハーバードの我々外科のところに応募者が来ました。今回は珍しく黒人です。アメリカに来てとてもよくわかったのですが、治安の悪い地域は黒人が多いです。また考え方も他の人種とはとても違う気がします。今回の応募者は典型的なそういういったアメリカの黒人の育ちでした。もともとストリートチルドレンで家なし。学校も行けずたったようですが、研究室の掃除の仕事を見つけたときに研究を横から見ていて面白そうだと思ってから自分で働きながら学校に通ったそうです。とても長い年数をかけて高校を卒業、その後大学にも進学し博士号まで取得しました。そして一人前の研究者となり、今回ハーバード応募までたどり着いたようです。アメリカでは色々な人生の方と遭遇します。。ただ残念ながらハーバードの外科の研究室は競争率が高く、彼は採用とはなりませんでした。。

また研究を続けハイインパクトな成果を出していつか再度トライして欲しいと思いました。
そしてポジションを貰っている私はもっと頑張らないといけませんね。













by kaigaiwataihenda | 2016-01-14 09:33 | ドクターKの研究 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< Share your story The Shops at Ch... >>