渡米半年の生活に関するトラブルやまとめ

渡米半年の生活に関する
トラブルなどのまとめ


私の場合はボストンに来てから、大きなトラブルはほとんどありませんでした。
敢えて予想外というか、生活に関する反省点や気づいたことを挙げますと、


①携帯電話
以前紹介した、こちらに来て購入したガラパゴス携帯が何故か盗難扱いとなりました。急に使えなくなったので電話してみると、盗難扱いになっていると言われました。その電話ではAT&Tショップに行くと無料で交換してもらえると言われたので、ショップに行くと、ショップとそのセンターが長々と会話し始めました。どうやら僕がもう領収書(レシート)を持ってなかったので、本当に買ったかどうかわからないから、どうしようかと言うことみたいでした。30分くらい彼らが電話で話した後に、「携帯電話自体は1500円だから、新規購入ということでも良い?チャージされているお金はそのまま使用出来るようにするから」と言われました。面倒だったのでそうしました。
 良かった点としては高い携帯を買わなくてよかった、プリペイド型の携帯にしておいて正解だったと思いました。反省点としてはレシートは残しておくべきだったと思いました。こちらは結構盗難が多かったり、お店が適当だったりするので、日本に比べてレシートの存在は大きな効力があります。以後、特に高い買い物ではレシートを残しております。

②三菱東京UFJ銀行
無事に海外グルーバルダイレクトに出来たのですが、そうなると日本の口座に振込をするときが逆に海外送金扱いになることがわかりました。まあ考えてみれば当然かもしれません。他にもインターネットバンキングが出来るやつを持っておいたのでよかったです。

③医療保険(AIU)
入国後にハーバードの方からきちんとこのAIUの保険がハーバードの規定の保険をカバーしているという証明書を送ってくれと言われました。それがなければ新しい保険に入り直さないといけないとまで言われました。焦ってAIUのHPを調べてみると、英語で証明書を発行していることがわかりました。またその証明書は手続きをした代理店でもらえるようなので、代理店に連絡してメールの添付で送ってもらいました。その代理店の方が非常に対応が良く(最初の契約もしてくださった方なんですが)、その日のうちに発行してもらえました。
 今後日本から渡米予定の方は予め発行してもらっておくと良いでしょう。

④英会話学校
もしも可能なら、渡米して一ヶ月くらいの英会話学校に行く期間をもうけておくと良いと思います。私の場合は仕事の関係でちょっと難しかったのですが、最初英会話学校だけに行く人は意外と多く英語の勉強だけに1ヶ月割けるだけでも全然違います。私の場合も最初がちょっと大変だったような気がしました。
 ボストン大学に英会話教室があるようで、そこに行っておられる方が結構多い気がします。あとはハーバードにはハーバードエクステンションスクールもあります(入学試験はありますが、クラス分けが目的でほぼ誰でも入れます)。


以上です。

今から留学の方は是非頑張ってください。






by kaigaiwataihenda | 2015-12-10 09:15 | 海外生活のトラブル | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< エキスパートナース 世界初の腎移植とハーバード大学... >>