アメリカ自動車路上試験合格!@ボストン、米国 前編

アメリカ自動車路上試験合格!
@ボストン 前編


無事に自動車路上試験合格しました!無事に1発で合格です!

僕の前に来ていたインド人は2回目のテストで少しナーバスになっていました。アメリカでは路上試験の際には警官が助手席に乗り試験官となります。路肩の縁石に車輪をぶつけたら、必ず不合格になります。

試験内容ですが

①ハンドシグナル
②STOPの標識できちんと止まり、左右確認する
③縦列駐車
④バック走行
⑤3-point turn
⑥駐車(pull over)

です。
試験勉強ですが、一度自動車学校のクラス(90分×1回)を取りました。実際の感想としては、90分×1回で十分だと思いました。しかし逆に考えると1度はクラスを受講しないと難しいように思います。クラスでは実際の試験で走る道路を走り、試験に出るポイントを一通り教えてくれますので。

ちなみに上記の①ー⑥は全て出来ないと試験には落ちると思います。

クラス以外の勉強はYou Tubeがとても参考になります。

1. hand signal
この3つのシグナルを覚えるだけで大丈夫です


2. STOP
下の標識があったら必ず一旦ストップします。って誰でも止まりますよね。注意するのはT字交差点の場合は
以下のSTOPの標識が無くても一時停止しないといけません。
e0345436_21594174.jpeg









3.縦列駐車
一番難しいです。縁石にぶつける、もしく50cm空くとアウト(本当かどうか知りませんが、教習所の教官が言ってました)。
僕は攻め過ぎて、本当に5cmくらいしか縁石との距離がなくヒヤヒヤしまいた…



4. 3-point turnとは?
日本ではあまり聞き慣れないのではないでしょうか
試験必須項目です。
ポイントとしては3 point turn自体は全然難しくないのですが、ターン前にウインカーを出すこと
目視で安全を確認することが大事です。また縁石にタイヤをぶつけると一発アウトなので気をつけましょう




その他覚えておきたい英語は

縦列駐車:Parallel Parking
片寄せ(車道に寄せる):pull over
信号機:traffic light


必須の知識としては
下りの駐車のときは右にハンドルをきる
のぼりのときは左にハンドルをきる
→もしもブレーキが壊れた場合に縁石に車のタイヤをはやくぶつけられるようにです。右側通行なのでちょっと考えてもらえれば理解出来ると思います(僕はクラスのときには英語だったためかよく理解できませんでしたが、ネットで確認して理解出来ました)


残りの、詳細は後編で!
しかしただの路上試験でも合格はとても嬉しいです


by kaigaiwataihenda | 2015-09-20 22:16 | 自動車免許試験
<< アメリカ自動車路上試験@ボスト... インパクトファクター 2014... >>