タグ:学会 ( 4 ) タグの人気記事

ショック学会からの帰りの飛行機遅延

ショック学会からの
帰りの飛行機遅延…


学会はとてもよかったのですが、帰りの飛行機が大幅に遅れました。空港で待つこと数時間、やっと飛行機に乗れた!と思ったのもつかの間、飛行機内でさらに3時間の缶詰…。
ボストンには日をまたいで深夜に着きました。。
しかし僕より後の便はキャンセルになったようなので、帰れただけ良かったのかもしれません。。

フライトはほぼ全便遅延↓

e0345436_15591011.jpg
やっと深夜に離陸(携帯は機内モードにしてますのであしからず)↓
e0345436_15595457.jpg


原因は雨とカミナリです。
英語で”ライトニング”と機長が何度も言ってました。。





by kaigaiwataihenda | 2017-06-23 15:55 | 学会 | Comments(0)

米国ショック学会参加 in 2017

米国ショック学会参加
in 2017


去年はテキサスであったショック学会ですが、今年はフロリダで開催されました。去年に引き続き現在やっていることを発表してきました。去年の内容は結構良かったのですが、今年の内容はかなりクオリティが低く、もっと時間をかける必要がありそうです。ただとても臨床的に意味がある内容なので、発表してよかったと思いました。

完全に南国です↓
ちょっと雨降ってました
e0345436_15415052.jpg

e0345436_15434175.jpg



そしてまたショック↓

e0345436_15411016.jpg

e0345436_15453933.jpg
色々と勉強になりました。
ショックをはじめとした救急の病態、疾患、臨床はやはりとても面白いです。
この面白さが多くの人に伝わればよいのですが。。



by kaigaiwataihenda | 2017-06-22 15:35 | 学会 | Comments(0)

学会の学術委員の仕事

学会の学術委員の仕事




 救急関係の学会の某学術委員を今年しているのですが、つい先日多施設データを皆で解析して英文化して発表しないかという提案がありました。アメリカにいるために委員会には参加出来なかったのですが、喜んで参加したい旨を伝えました。アメリカにいながら日本の救急医との横のつながりを保てていられるのは嬉しいことです。ただ日本の仕事はアメリカの仕事が終わってからや、週末、早朝を駆使ししながらやっているので、また忙しくもなりそうです…。しかし学術部門の委員は今回初めてなんですが、アカデミックな仕事があって良い感じです。

研究は好きではあるものの、いつも1つの論文を作る過程で3回くらい本気で辞めようと思いますね。。論文のレベルが高ければ高いほど、そう思う回数は増えます。正直なところ、よく「この仕事は自分のスキルをはるかに超えている」と思うことが多いですが、なんだかんだで最終的にはまとめて形に出来ています。。(レベルにこだわらなければ苦労なく論文を作ることも出来るのですが、それではあまり意味がないので…)一方で臨床はそれなりの経験があるので困難を感じることは少ないですし、患者さんと話をするのも好きなので、やっていて楽しいです。

きっと日本に帰ったらこのバランスを両立しながら仕事しないといけなくなるでしょう。
そういう意味でも今のこの時間はとても貴重なのかもしれません。




e0345436_09331889.jpg










by kaigaiwataihenda | 2016-09-03 02:47 | ドクターKの研究 | Comments(0)

テキサス、米国ショック学会に参加

テキサス、米国ショック学会に参加



テキサスのオースティンでおこなわれた米国SHOCK学会に参加しました。日本のショック学会は数回参加したことはありますが、米国は初めてです。そしてこの一年は研究に集中していたのでアメリカに来てから初めての国際学会です。SHOCK学会は参加人数は少ないのですが、米国の結構な重鎮の先生が参加します。私も現在の研究の一つを発表しました。ボストンからテキサスまでは飛行機で4時間くらいでした。

e0345436_09281212.jpg


それにしても熱いですね…
テキサスといえばサボテン



e0345436_09262977.jpg
そしてショック…
e0345436_09290034.jpg



またテキサス在住で、このブログを見ているという先生から声をかけてもらい、一緒にその先生の研究のディスカッションをしました。テキサスからも見てもらえているとは…。
最近は原稿依頼も増えています。

しかし自分の仕事を頑張らないと。。









by kaigaiwataihenda | 2016-06-16 09:34 | 学会 | Comments(0)