タグ:アメリカ ( 13 ) タグの人気記事

アメリカの電気代

アメリカの電気代


 アメリカの電気代の申し込み、支払い、終了の手続きは全てインターネットでやることが出来ます。Eversourceというサイトからこれら全ての手続きが出来ます。もしも停電があった場合でもこのサイトから届けで出来ます(停電になってもおそらくPCは電池分の電気で使えると思います)。

Eversource



住んでいたところの電気の支払い終了の手続きをしました


e0345436_12594327.jpg

請求書が郵便で来ても面倒なので、Paper lessが断然お勧めです。





by kaigaiwataihenda | 2017-10-09 12:57 | 電気の申し込み、終了 | Comments(0)

アメリカの良し悪しと文化

アメリカの良し悪しと社会




アメリカのニューヨークで写されたこのビデオですが、アメリカ人の考え方や社会が反映されているように思いました。アメリカでは、子供に対しては皆守らなければいけない、という意識がとても高いです。日本でもよくしつけと暴力について話題になっていますが、アメリカでは暴力をふるうとしつけの有無は関係なく警察に通報されます。日本よりも格別に子供に対する意識は高いと思います。
 一方で、よく日本でも仕事をしない人と生活保護の関係が話題となっていますが、アメリカは仕事をしない大人に対してはとても厳しい。このビデオのような厳しい光景は日本ではあまり目にしないのではないと思います。




またこの動画ではホームレスの方も最後に食べ物をあげて、「自分のようになって欲しくない」と、子供を守ろうとしています。。アメリカ人の良いところや社会の一部が見えているように思いました。


e0345436_05183041.jpg

実際仕事でも、こんなことまでやってくれるなんてなんて親切なんだ、というような場面もありますし、「きちんとやるべきことをやらないととても厳しい」、とその両方を感じてます。










by kaigaiwataihenda | 2017-09-03 05:06 | 米国の生活 | Comments(0)

アメリカ携帯電話の継続

アメリカ携帯電話の継続


アメリカではSoftbankのアメリカ放題とAT&Tのプリペイド携帯を使っています。Softbankのアメリカ放題はとても便利で、ほぼアメリカ全土で問題なく使えますね。帰国したときにもそのまま使えますすし、日本の方とも連絡先そのままでいれるのでとても便利です。

アメリカ放題の唯一困るのが、アメリカの電話と電話する場合に国際電話になってしまいます。またアメリカの電話の番号が色々な場面で要求されますので2台持ちです。プリペイド携帯は1分10セント(11円)なのでとても安く、また100ドル入金すれば1年使えます。なので実質800円/月くらいで維持できるので魅力的です。

今回は100ドル入金して一年経ちそうだったので再度入金しました。すべての手続きがインターネットでクレジットもしくはデビットカードを通じて可能です


AT&Tのサイト
e0345436_06244136.jpg
46ドル余っていたので、100ドル入れたら146ドル
1分10セントなので1430分もありますね…
e0345436_08064417.jpg

たぶんこれは使いきれなさそうですが
元々の金額が安いので全然OKです
(100ドル以下だと有効期限が短くなります)

とりあえず1年はこのまま大丈夫です





by kaigaiwataihenda | 2017-03-20 08:15 | アメリカで携帯電話 | Comments(1)

フランクリンパーク動物園

フランクリンパーク動物園


ボストンは海の街で水族館のイメージが強いですが、動物園もあります。どんなもんなのかなと、一応行ってみました。
海外での動物園は今回が初めてかもしれません。

入り口はこんな感じです。何の建物でしょうか…?


e0345436_01404443.jpg
中にはジャングルも↓

e0345436_01471127.jpg
色々な動物がいました↓
e0345436_01424931.jpg

e0345436_01461194.jpg
キリンもいて、意外にも動物は結構たくさんいました。
結構面白いと思います。





by kaigaiwataihenda | 2016-12-16 01:37 | 米国の生活 | Comments(0)

最も美味しかったアイスコーヒー

最も美味しかったアイスコーヒー


個人的にコーヒーが大好きで、日本でもアメリカでもほぼ毎日飲んでいます。アメリカに来て一番美味しかったアイスコーヒーですが、僕はStumptown cold brew Coffeeeです。
ホットは飲んだことはないのですが、アイスコーヒーはすっきりしていて美味しいです。(ただ好みは様々だと思いますが、僕にはちょうどいい感じです)

Whole Foodsにも売っていますし、ハンバーガーショップのSHAKE SHACKにも置いてあります。ただ高いですねえ、1本4ドル近く(400円)します。

これです↓
e0345436_23283324.jpg
一度お試しください
最近は日本でも買えるかもしれません。




by kaigaiwataihenda | 2016-12-12 23:25 | 食事(和食以外) | Comments(0)

ボストンの観光名所案内TV

ボストンの観光名所案内TV



ボストンの良い案内をしている動画を見つけました。結構ボストンの良いところが的確に説明されていると思います。観光の参考やちょっと海外気分を味わいたい方はご覧ください。個人的には野球に興味が無い方もレッドソックスの本拠地のフェンウェイパークは見て欲しいところですし、食事はオイスターとクラムチャウダーは絶品です。





私も色々散歩してみたいと思います。






by kaigaiwataihenda | 2016-12-11 01:56 | ボストンの観光地 | Comments(0)

留学の相談があれば

留学の相談があれば



最近個人的にも、このサイトからも海外留学について相談されることが増えています。

海外留学は渡米するまでが大変で、医局等でコネがある人は良いかもしれませんが、そうでない場合にはとても苦労します。日常の忙しさにいつの間にか忙殺されたり、またいつの間にか自分にとって都合の良い言い訳を作ってしまい、留学の機会を逃してしまいます。
 人生一度きりですので、迷っている方は是非チャレンジして欲しいと思いますね。ただ大変なことは多いのは間違いないので、不要と思っている方は無理して留学する必要はないと思っています。私も今のところは得たものより、失ったものの方が大きいかもなと思っていますし 笑。
あと留学先ですが、タイミングによっては私の方で多少紹介出来るかもしれません。

もしも何か相談がありましたら kaigaiwataihenda@excite.co.jp までご遠慮なくどうぞ。


e0345436_14431865.jpg
少しですが、初雪も降りました。





by kaigaiwataihenda | 2016-12-01 14:44 | 留学準備 | Comments(2)

メイフラワー号 IN プリマス

メイフラワー号
IN プリマス


ボストンから車で1時間くらいのところにプリマスと呼ばれる地域があります。ここは1620年に初めてイギリスから、アメリカに住民が移り住んだことで有名な場所です。その初めてイギリスから辿り着いた船がメイフラワー号になります。しかしながら後に彼らは先住民であるインディアンを迫害し、この土地を奪うことになります。そして、これがアメリカの誕生です。

プリマス

メイフラワー号
(以下Wikipediaより一部抜粋)
1620年9月、イギリス国教会の弾圧を受けた清教徒102人は、メイフラワー号でイギリス南西部プリマスから新天地アメリカに旅立った。66日の苦難の航海の末、マサチューセッツ州プリマス(Plymouth)にたどり着いた。彼らはピルグリムファーザーズ (Pilgrim Fathers)と呼ばれる。

 見渡す限りの荒野に降り立った彼らは、厳しい冬を迎えた。厳寒と病気のため半数以上が死亡したが、インディアンの助けによって50人ほどが生き残った。彼らは理想社会の建設に向けてひたすら働いた。一方で、原住民のインディアンとの紛争が始まった。当初は友好的だったインディアンも増え続ける移民に土地を侵略され怒りを爆発させた。入植者達は邪魔者となったインディアンの土地を奪い虐殺した。この征服戦争は1890年まで続いた。

第二次世界大戦後、メイフラワー号の航海を再現しようという動きが生まれた。海軍の設計士 William A. Baker によりなるべくオリジナルを忠実に再現した船が設計され、イングランドのデヴォンで1956年9月22日に進水し、1957年春に出航。アラン・ビリエ船長指揮下、1957年6月13日にプリマスの港に到着し、大歓迎された。この船は今もプリマスの港に係留されていて、一般公開されている。

そして私も行ってきました。。

完全に港町です↓
e0345436_06404810.jpg

メイフラワー号発見!↓
e0345436_03411528.jpg
中はこんな感じです↓
e0345436_03432619.jpg


アメリカではあまり歴史のある場所は少ないのですが、アメリカ発症の場所に来ることが出来ました。










by kaigaiwataihenda | 2016-08-16 03:43 | ボストンの観光地 | Comments(0)

アメリカで生卵を食べたい…

アメリカで生卵を食べたい…



海外で生卵を食べるのはちょっと恐いですよね。サルモネラ菌による食中毒。。
最初は保存方法が適当なんだろうと思っていましたが、どうやら滅菌処理の仕方が日本とは違うようです。

実はアメリカでも生食出来る卵が存在します!

重要なキーワードは "Pasteurized eggs"=滅菌卵。
これが明記されている卵はサルモネラフリー(Salmonella-free eggs)であることが保障されます。
日本では生で食べることが多いため、全ての卵がこの滅菌卵なんですが、アメリカではほとんどの卵が滅菌処理がされていません。ちなみにオーガニック卵は滅菌とは無関係です。

さっそく探してみました、"Pasteurized eggs"=滅菌卵
ネット上検索すると、やはり日本食を取り扱う店に置いていることがおおいとのこと
通常のスーパーではまず手に入らないとのことでした


そして見つけました↓
e0345436_01472230.jpg
滅菌処置している卵は卵に”P”の刻印があります↓
e0345436_01485831.jpg


お店もアピールしていますね!(もちろんココはアメリカです)↓

e0345436_01494987.jpg

6個で4.39ドル。生食べたいのは時々なので、そういう卵が購入できるだけで嬉しいです。
これで半熟卵、卵かけご飯、すきやきが食べれます。。





by kaigaiwataihenda | 2016-05-28 01:38 | 米国の生活 | Comments(0)

アメリカでの車検 IN ボストン

アメリカでの車検 IN ボストン


時折、アメリカには車検はない、みたいな記事も散見しますがもちろんあります。ただ日本の車検とは少し違います。ちなみに車検とは英語で"INSPECTION"と呼ばれます。日本では2年に1回くまなく点検するのが「車検」ですが、こちらでは1年に1回簡易な検査をします。機械につなげて車の異常を調べるだけなので、ガソリンスタンドで自分でも出来ます。しかしながら車が故障すると嫌なので(アメリカで車がエンストする事態は避けたいです…)ディーラーに車を持って行きました。


私の車はトヨタなので、利用したディーラーは下記です

TOYOTA
Watertown
便利なのはこのサイトからネットで車検の予約が出来ます。


予約の際に、目的を選択しないといけないのですが、アメリカに来て初回だったので、車検であるInspectionとTOYOTAお勧めの5000マイル毎のMaintenanceの2つを選択しました。
アメリカに来て思ったのが、こういう所でお金をケチって車が故障すると時間とお金が無駄にかかりますので、ここは出し惜しみしません。(あまりお金もないのですが…)

アメリカの車検はその日中に終わりますが(代車車検というのは基本ありません)、うわさによると遅い時間に持っていくと修理箇所が多いとその日のうちにうけとれない可能性もあると聞いたので、朝早くに予約しました。
予約時間は土曜日の8:30。

それで早速行ってきました。
e0345436_11484424.jpg

着くとすぐに店員が話かけてきて、誘導してくれました。どうやら車検に来ている人はたくさんいるらしく、かなり手際が良いです。流れるように手続きがすすみました。
e0345436_11463854.jpg
最初は1時間で終わりということでしたが、点検後に部品交換が2カ所必要そう(壊れてはいないそうですが、耐久年数から交換した方がbetterとのこと)とのことでしたので合計3時間で終了しました。

やはりTOYOTA、日本企業なので日本人には心地よかったです。待ち合いもコーヒー等飲めて広い。
e0345436_11340539.jpg
またサービスもよかったです。結局費用は、車検代は一律35ドルと安いのですが、部品やオイル交換等もしてもらったので全部で600ドルでした。まあこんなもんでしょうね。あともしかすると5000マイル毎のmaintenanceは要らないかもしれません。値段は1万円くらいで色々と交換してくれましたが、車検だけでも十分かも。


無事に車検も終わりました。
安心して車にも乗れます。

ちなみにアメリカも車税はあります。これは車検とは別に自宅に封筒が送られてくるので、その用紙の情報を入力してインターネット上で税金を支払うことが出来ます。これも無事に終わりました。

日本の車検はすごく時間がかかって代車もあたりまえですが
アメリカはオートメーション化されていて速いです。
安全性もディーラー等を頼れば担保されますので、車検は日本よりよいシステムかもしれません。






by kaigaiwataihenda | 2016-03-19 12:02 | 車検 | Comments(4)