<   2016年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Joslin diabetes Center ジョスリン糖尿病センター

Joslin diabetes Center
ジョスリン糖尿病センター


講義がジョスリンであったためちょっと行ってきました。職場の近くなんですが、実は始めて行きました。建物自体は結構こじんまりとしていますが、糖尿病の分野ではいわずと知れた世界でも有数のトップ研究機関です。1898年に設立されています。
とりあえずカンファついでに
行ってきました。

e0345436_08185277.jpg


e0345436_08222809.jpg
e0345436_08335421.jpg

内部の吹き抜けのスペースは良い感じです↓

e0345436_08213273.jpg
救急ではあまり糖尿病領域の患者と接することは少ないですが、時に重症の糖尿病性ケトアシドーシスの治療等します。ケトアシドーシスでは輸液がとても重要ですし、血糖を下げるときにカリウムが細胞内に移行するので、カリウムのコントロールもまた大変です。低カリウムになる前にあらかじめ補充します。また重症患者では侵襲によるカテコラミンの上昇等で、血糖が上がることが多いのですが、血糖のコントロールは予後と相関するのでこれも救急領域では重要な点です。僕が医者になったときはtight glycemic controlがやられていましたが、今は時代遅れでもうやりませんね。。医学は日々進歩しています。






by kaigaiwataihenda | 2016-10-28 08:17 | ハーバード大学について | Comments(0)

ニューバランス New Balance

ニューバランス
New Balance


実はマサチューセッツ州はニューバランス社の発祥の地でして、今も本社はマサチューセッツにあります。

ニューバランス(Wikipediaより一部抜粋)
1906年に、当時33歳でイギリス移民のウィリアム・J・ライリーによって、アーチサポートインソールの製造メーカーとして開業する。ライリーがこの時に開発したインソールは、ニワトリの足の爪にヒントを得たものであった。その後、これらの技術を基に矯正靴の製造を開始。1930年代には、カスタムメイドのランニングシューズの製造を開始した。1960年には、ウィズ(足囲)でもサイズ選択が可能な「ウィズサイジング」を世界で初めて採用したシューズを発売。以降この「ウィズサイジング」はニューバランスシューズのサイズ選択の基本となっている。1972年にジェームス・S・デービスが買収し、現在のニューバランス社の体制を築いた。

この本社の隣にショップがあるので行ってきました。どうやら店舗によってはボストン限定ニューバランスモデル等があるようです。

ニューバランスのお店です↓
e0345436_10533857.jpg

店内はこんな感じ↓
片付いているような、散らかっているような…
e0345436_10540854.jpg
e0345436_10543785.jpg
靴買ってしまいました。。
履き心地が楽しみです。




by kaigaiwataihenda | 2016-10-23 10:52 | ボストンの買い物 | Comments(0)

ガラス博物館 IN サンドイッチ

ガラス博物館
IN サンドイッチ


ボストンから車で1時間半ほど南下ところにサンドイッチと呼ばれる地域があります。マサチューセッツ州ではありますが、ボストン市ではありません。そこにはガラスで有名は博物館がのんびりとした田舎に佇んでいます。小さな博物館ですが、僕は結構好きでした。


サンドイッチ・ガラス博物館
Sandwich Glass Museum
129 Main Street, at corners of Main street (rt.130) and Tupper road.
Sandwich, MA 02563


e0345436_14414540.jpg

それなりに歴史があるようです↓
e0345436_14492942.jpg

きれいなガラス細工↓
e0345436_14444728.jpg
私はガラス細工に興味がそれほど強くあるわけではなかったですが
雰囲気でのんびりと出来てとてもリラックスできました。
こういう芸術品を眺めるのはいいですね。




by kaigaiwataihenda | 2016-10-18 14:40 | ボストンの観光地 | Comments(0)

ボストンでの歯科受診

歯科受診 IN ボストン



少し歯が痛くなって気になったので、ボストンの歯科医を受診しました。はじめてだと色々と緊張しますね。こちらのブログにボストンのお勧め歯科情報が詳しく書かれています。
保険は通常AIUの駐在員保険では歯科はカバーされないので、現地の保険に入る必要があります。通常の医療保険と別の保険証となっていて、別途保険料を払う必要があります。年に何回治療できるとか、検診は何回できるとか保険のカバーによって色々と違いがあります。

今回は左下の歯が少し痛くなってしまいました。
e0345436_09443728.jpg

保険の内容を見せて、疾患にあわせてどの治療をどれくらいやるのか決めます。最初に色々とやってしまうと、後で虫歯が出たときにすでに保険を使い切ってしまった、なんてことがないように計画をたてる必要があります。実際の歯科の先生の話も症状に関する説明半分、保険のカバーについて半分といった感じです。このあたりは歯科ですら国民皆保険の日本とは全く違います。アメリカでは保険は命綱で、保険がないと治療を受けられないため、救急では医療保険がないという理由だけで、患者さんが亡くなります。
e0345436_10391813.jpg
良い保険に入るのと、保険料を払うバランスが難しいですね。。




by kaigaiwataihenda | 2016-10-13 09:43 | 歯科受診 | Comments(0)

多発交通事故に遭遇

多発交通事故に遭遇



多発交通事故が起きている現場に遭遇し、道路が一時封鎖されました。アメリカの救急車は日本に比べて、大きく、またサイレンの音もものすごく大きいです。また日本よりも救命士は出来ることが多く、病院到着までに様々な処置がされて搬送されます。以前職場付近で銃撃があったことも書きましたが、やはりアメリカは日本に比べると治安は悪く事故も多いですね。。


e0345436_11410590.jpg
無事に助かればと思います。。




by kaigaiwataihenda | 2016-10-09 08:22 | 米国の生活 | Comments(0)

ランドマークタワー IN ボストン

ランドマークタワー
IN ボストン


ロングウッドのメディカルエリアの近くにはランドマークタワーと呼ばれている建物があります。主に寝具を取り扱うBed Bath & Beyondや映画館などが入っています。ボストンレッドソックスの本拠地で有名なフェンウェイパークもすぐ近くです。

ランドマークタワー



遠くからみるとこんな感じです↓
e0345436_10174263.jpg
駐車場もありますが、スゴイ高いですね…。買い物すればタダになります↓
e0345436_10102374.jpg
近くで見ると大きいです↓
e0345436_10113678.jpg

ランドマークタワー付近は色々とお店も多くとても便利です。




by kaigaiwataihenda | 2016-10-05 09:25 | 米国の生活 | Comments(0)