<   2016年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

日本食材店 エビス屋 in ボストン

日本食材店 EBISUYA 
in ボストン


ボストンに住んでいる日本人だったら、一度は訪れるお店の一つです。日本の食材が購入できるお店は以前紹介した韓国系のHマートかこのEBISUYAが主になります。ケンブリッジよりももう少し北にあります。

EBISUYA
65 Riverside Ave Medford., MA 02155 | 781-391-0012 | info@ebisuyamarket.com
最寄り駅はレッドラインのDavis駅になりますが、それでも距離がありますので
車で行った方がよいかもです。

店内は日本人がたくさん、あとは日本通の外国人という感じですね。

EBISUYA↓
e0345436_09052524.jpg
納豆もたくさん売ってますね↓
e0345436_09105308.jpg
そして叙々苑のドレッシングまで↓
e0345436_19515528.jpg

アメリカではネギもなかなか手に入りにくいですが、九条ネギが…↓
e0345436_19533304.jpg

海外でこういう日本の食材にありつけるのは有り難いものです。

食事が海外一番の悩みのタネですので。



by kaigaiwataihenda | 2016-06-29 19:59 | 米国の生活 | Comments(0)

座長の仕事も無事終了

座長の仕事も無事終了


先日当ブログでお話した、救急系の学会の仕事も無事に終わりました。座長のお仕事はそれなりに経験はあるのですが、今回は特別講演の座長でしたので少し気を使いました。略歴紹介等があるところが通常の座長のお仕事とは異なります。略歴紹介は会場を発表に引き込む最大のチャンスでして、「スゴイ経歴や実績で是非とも話を聞きたい!」と思ってもらえれば最高です。またいかに講演を盛り上げて、そして時間ピッタリに終わるかが腕の見せ所ですが、今回は約3分程はやく終わってしまいました。もう少し会場からの質問を引き出せるようにしないといけないなと感じ、次回への反省点になりました。

何はともあれ無事に終了しました。。








by kaigaiwataihenda | 2016-06-28 13:39 | 渡米中の日本のこと | Comments(0)

インパクトファクター 集中治療、2015最新版

インパクトファクター
集中治療、2016最新版


インパクトファクター最新版が出ていました!
2016年の集中治療分野です。

Rank Full Journal Title Journal Impact Factor Eigenfactor Score Total Cites
1 Lancet Respiratory Medicine 15.328 0.01189 2,343
2 AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE 13.118 0.09192 53,045
3 INTENSIVE CARE MEDICINE 10.125 0.03362 18,130
4 CRITICAL CARE MEDICINE 7.422 0.06155 36,267
5 CHEST 5.94 0.07123 44,914
6 RESUSCITATION 5.414 0.03012 13,081
7 CRITICAL CARE 4.95 0.04549 16,428
8 Annals of Intensive Care 4.529 0.00454 856
9 JOURNAL OF NEUROTRAUMA 4.377 0.02048 10,984
10 Critical Care and Resuscitation 3.317 0.00306 783
11 JOURNAL OF INTENSIVE CARE MEDICINE 3.262 0.00239 970
12 SHOCK 3.048 0.01089 6,552
13 Human Gene Therapy Clinical Development 2.889 0.00049 117
14 Journal of Trauma and Acute Care Surgery 2.802 0.02023 4,214
15 Current Opinion in Critical Care 2.706 0.00675 2,709
16 Pediatric Critical Care Medicine 2.659 0.01122 4,170
17 Neurocritical Care 2.488 0.00887 2,847
18 JOURNAL OF CRITICAL CARE 2.445 0.01195 3,773
19 SEMINARS IN RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE 2.274 0.00415 1,549
20 ANASTHESIOLOGIE & INTENSIVMEDIZIN 2.055 0.00059 437
21 AMERICAN JOURNAL OF CRITICAL CARE 2.053 0.0027 1,898
22 Minerva Anestesiologica 2.036 0.00538 2,123
23 Respiratory Care 1.922 0.00799 3,746
24 INJURY-INTERNATIONAL JOURNAL OF THE CARE OF THE INJURED 1.91 0.01881 10,092
25 BURNS 1.904 0.00704 5,838
26 CRITICAL CARE CLINICS 1.782 0.00259 1,375
27 Australian Critical Care 1.479 0.00088 371
28 Therapeutic Hypothermia and Temperature Management 1.415 0.0004 100
29 Critical Care Nurse 1.333 0.00128 708
30 ANAESTHESIA AND INTENSIVE CARE 1.283 0.00373 2,316
31 Medicina Intensiva 1.193 0.00096 524
32 Journal of Trauma Nursing 0.556 0.00045 175
33 ANASTHESIOLOGIE INTENSIVMEDIZIN NOTFALLMEDIZIN SCHMERZTHERAPIE
0.325 0.00033 342

驚きはICMの10.1!そしてCCMも7.4と集中治療分野は軒並み上昇しています。
CCも4.9と妥当な線で、Resuscitationも5.4と上昇しています。
Resuscitationは蘇生分野のトップジャーナルのわりにIFが低いと少しみくびっていましたが、十分に力を発揮しはじめていますね。
この分野は今後IFの上昇が大いに期待できます。


みなさんも今が旬の集中治療領域に是非投稿してみてください。





by kaigaiwataihenda | 2016-06-24 00:19 | インパクトファクター | Comments(0)

敗血症の講演

敗血症の講演




帰国して恩師への挨拶や研究の相談等も含めて東京に来たので、ついでに講演もすることになりました。無事に終わりました。久しぶりに日本語でプレゼンをしたので少し違和感がありましたが、やはり日本語だとうまく説明できますので嬉しいですね。英語ではこういうことが言いたい!と思ってもなかなか良い言葉に出来ず、自分自身も周囲も不完全燃焼に終わることが多かったので。。

また後輩や元々の知り合い、そして新たに仲間が出来たことが一番嬉しかったですねえ。まあ話をするというのは、切瑳琢磨出来る仲間を作るのが一番の目的な気がします。


e0345436_11385372.jpg



e0345436_11393153.jpg


また引き続き頑張ります。
自分の足りないところも見えた気がしました。。





by kaigaiwataihenda | 2016-06-23 11:40 | 渡米中の日本のこと | Comments(0)

米国での確定申告



米国での確定申告


米国での確定申告。米国で収入がなくてもJビザで渡米している場合は確定申告をする必要があります。渡米後2年以内は不要との話も多いですが、私の場合は提出が必要でした。あと通常は年度末が締め切りです。この確定申告については私もくわしくわかりませんので、深くは言及しないでおこうと思います。要点はただ一つ、日本と違い全員が確定申告が必要になるので日本語の通じる良い税理士を探しましょう。

米国在住の日本語の通じる税理士?公認会計士(私は利用したことはありません)

1
2


私は職場に確定申告相談窓口があったのでそこで書類を相談しました。

相談窓口のあるビルの入り口↓
e0345436_11082271.jpg

相談所の一室↓


e0345436_11111491.jpg



係の方は日本に旅行したことがあるらしく、とてもフレンドリーで良い方でしたが
税金の話を英語で聞いて理解するのはとても難しかったです
たぶん日本語でもよくわからないと思います

本当ついていくのがやっとでした…







by kaigaiwataihenda | 2016-06-18 10:36 | 確定申告 | Comments(0)

テキサス、米国ショック学会に参加

テキサス、米国ショック学会に参加



テキサスのオースティンでおこなわれた米国SHOCK学会に参加しました。日本のショック学会は数回参加したことはありますが、米国は初めてです。そしてこの一年は研究に集中していたのでアメリカに来てから初めての国際学会です。SHOCK学会は参加人数は少ないのですが、米国の結構な重鎮の先生が参加します。私も現在の研究の一つを発表しました。ボストンからテキサスまでは飛行機で4時間くらいでした。

e0345436_09281212.jpg


それにしても熱いですね…
テキサスといえばサボテン



e0345436_09262977.jpg
そしてショック…
e0345436_09290034.jpg



またテキサス在住で、このブログを見ているという先生から声をかけてもらい、一緒にその先生の研究のディスカッションをしました。テキサスからも見てもらえているとは…。
最近は原稿依頼も増えています。

しかし自分の仕事を頑張らないと。。









by kaigaiwataihenda | 2016-06-16 09:34 | 学会 | Comments(0)

beard papa、ビアードパパ シュークリーム in ボストン

beard papa、ビアードパパ 
シュークリーム in ボストン


日本にはビアードパパというシュークリーム屋が全国200店舗以上あるそうですが(すみません、日本にいるときは知りませんでした…)、ここボストンにはビアードパパがあります。
シュークリームはそんなに食べませんが、せっかくなので買いに行ってきました

日本
ビアードパパ

アメリカ
ビアードパパ
*ボストン以外にニューヨークやロサンジェルスにもあるようです


ボストンではチャイナタウンの近くにあります


e0345436_09174939.jpg

シュークリームはこんな感じです↓
e0345436_09185044.jpg
ボストンでも日本の味が楽しめるのは良いですね。
アメリカのお菓子は砂糖たっぷりなので。。






by kaigaiwataihenda | 2016-06-09 09:08 | ボストンの買い物 | Comments(0)

ボストンマラソン

ボストンマラソン


だいぶ前になりますが、ボストンマラソンを見に行きました。ボストンマラソンは以前爆弾テロがあったためか、非常に警備が厳しくなっていました。


ボストンマラソン
ボストンマラソン(英語: Boston Marathon)は、毎年4月の第三月曜日、Patriot's Dayにアメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンで開催される、国際陸上競技連盟(IAAF)ゴールドラベルのマラソン大会であり[1]、ワールドマラソンメジャーズの一つである[2]。参加には資格タイムを満たしている必要があるため、「選ばれしもののマラソン」と称され、完走者の平均タイムがワールドマラソンメジャーズの中でも抜きん出て速く、大半が4時間未満でゴールする。1897年に創始された[3]、近代オリンピックに次いで歴史の古いスポーツ大会の一つである。
(Wikipediaより一部抜粋)

人がとても大勢いました。ゼッケンにはGPSがついているようで、どの選手がどの地点を走っているのかアプリで検索することが出来ます。なので知り合いが走るときには、アプリで検索してその人がいる場所に見学に行けます。スゴイですね!


e0345436_08512356.jpg



e0345436_08473536.jpg

救護所の旗も立っていました↓
e0345436_08495964.jpg


見応えのあるマラソンで、次回は走ってみたいと思いました。







by kaigaiwataihenda | 2016-06-06 09:05 | 米国の生活 | Comments(2)