<   2015年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

こちらハーバードでもSTAP細胞作成失敗のニュースが流れる

こちらハーバードでも
STAP細胞作成失敗のニュースが流れる

先週末にこちらハーバード大学でもSTAP細胞作成のニュースが職場から届きました。
HARVARD MEDICAL SCHOOL In the Newsより

e0345436_13365621.png
THURSDAY, SEPTEMBER 24, 2015

Failed replications put STAP stem-cell claims to rest
(Nature)

のタイトルで実際に送られて来ました。今回はハーバード大学MGH麻酔科教授Vacanti(バカンティ)教授も研究に参加してますので、すごく注目が高いです。
また以下に詳細も送られて来ています。


A revolutionary way of making stem cells claimed last year by Japanese and U.S. researchers never existed in the first place. That is the conclusion of two papers published on September 23 in Nature — the same journal that published the original papers early last year. George Daley, professor of biological chemistry and molecular pharmacology at Boston Children’s Hospital, is quoted.

Additional Coverage:




今回は色々と問題になりましたが、日本のRIKENは世界でも注目されていることもわかりました。実際にハーバードでも理研にわざわざ留学していたアメリカ人にも会いました。その理研の不祥事だけに非常に残念ではあります。発表当時、夢のような画期的研究と言われたSTAP細胞は、今や黒歴史の1つになってしまいました。将来誰かまた新しい研究者が本当のSTAP細胞を作ってくれることを願います。

私はとてもNatureクラスの研究は出来ませんが、自分の仕事を毎日粛々とやるのみです。



by kaigaiwataihenda | 2015-09-28 13:44 | STAP細胞 | Comments(0)

朝マック

朝マック
e0345436_12535386.jpg
今日は朝マックです

日本でも時々朝マックしますが、あんまり通い過ぎると将来成人病が恐いので時々にします
もう成人になって15年なので手遅れかな

昔はマックのコーヒーはとても不味かったですが
最近は美味しくなってます
異物混入で日本のマックは大変そうですね
ボストンでもマックよりダンキンドーナツの方が人気があります



by kaigaiwataihenda | 2015-09-27 00:51 | 米国の生活 | Comments(0)

アメリカ自動車路上試験@ボストン 後編

アメリカ自動車路上試験@ボストン 
後編

前回からの続きです。

ボストンには色々な自動車学校があります。路上試験は自動車学校をとおさなくても受験出来ますが、自動車学校をスポンサーにして受験した方が圧倒的に良いと思います。知り合いの中国人が、自分の車で受けようとして当日試験管の警察にコレじゃダメだと言われて試験もせずに落ちてました。

私は家から近いBrookline driving schoolで練習×1回と試験を受けました。
試験場はbrookline High school周辺です。

Brookline driving school


申し込みは電話はちょっと英語に自信がなかったので全てメールでおこないました
試験は標準的なレベルだと思います
他のHPにBrookline driving schoolは縦列駐車などなく簡単だ、と書かれている記事もありますが
そんなことはありませんでした。
ただかなり試験まで待ちました。私は一ヶ月半待ちでした。そのため他のNewton driving schoolやCity Auto(Chinatownにある)Driving schoolにも聞いてみましたが、皆それくらいだったのでBrooklineにしました。もっと郊外のDriving schoolだと待たないみたいです。
噂によればAggnisというところは待たずに試験が簡単なようです
本当かどうかは私は知りません…

また免許をとった後はRMV(Registry of Motor Vehicle)で免許申請します
皆China townのRMVに行っているようですが、なんと移転していました(2015年9月現在)
ボストン中心街から一番近いHaymarketのRMVに行きました
2014年の9月からHaymarketに移転したようです

しかしかなり混んでいました
約3時間待ちました
どうやら皆試験は土曜日に受けるため、月曜日に免許申請に行くようです(土日はRMVは休みです)
もしも急いでいなければ平日火曜日以降の方が良いかもしれません


Brookline Driving school↓
e0345436_12201096.jpg
試験場であるBrookline high schoolの周辺道路↓
e0345436_12211592.jpg

試験に受かるポイントは

1. 1度は必ずクラスを受講して試験会場を走らせてもらう
2. ドライビングスクールをスポンサーにする
3. 絶対に縁石にタイヤをぶつけない(それ以外の場合は、もう一度やってみろとか言ってくれてなんとかなる場合が多いです)

です。

国際免許証をアピールすれば受かりやすいと書いてあるものがありましたが、私の場合は全く関係ありませんでした。

以上です。
今から受験の方は是非頑張ってください!






by kaigaiwataihenda | 2015-09-24 12:30 | 自動車免許試験 | Comments(1)

アメリカ自動車路上試験合格!@ボストン、米国 前編

アメリカ自動車路上試験合格!
@ボストン 前編


無事に自動車路上試験合格しました!無事に1発で合格です!

僕の前に来ていたインド人は2回目のテストで少しナーバスになっていました。アメリカでは路上試験の際には警官が助手席に乗り試験官となります。路肩の縁石に車輪をぶつけたら、必ず不合格になります。

試験内容ですが

①ハンドシグナル
②STOPの標識できちんと止まり、左右確認する
③縦列駐車
④バック走行
⑤3-point turn
⑥駐車(pull over)

です。
試験勉強ですが、一度自動車学校のクラス(90分×1回)を取りました。実際の感想としては、90分×1回で十分だと思いました。しかし逆に考えると1度はクラスを受講しないと難しいように思います。クラスでは実際の試験で走る道路を走り、試験に出るポイントを一通り教えてくれますので。

ちなみに上記の①ー⑥は全て出来ないと試験には落ちると思います。

クラス以外の勉強はYou Tubeがとても参考になります。

1. hand signal
この3つのシグナルを覚えるだけで大丈夫です


2. STOP
下の標識があったら必ず一旦ストップします。って誰でも止まりますよね。注意するのはT字交差点の場合は
以下のSTOPの標識が無くても一時停止しないといけません。
e0345436_21594174.jpeg









3.縦列駐車
一番難しいです。縁石にぶつける、もしく50cm空くとアウト(本当かどうか知りませんが、教習所の教官が言ってました)。
僕は攻め過ぎて、本当に5cmくらいしか縁石との距離がなくヒヤヒヤしまいた…



4. 3-point turnとは?
日本ではあまり聞き慣れないのではないでしょうか
試験必須項目です。
ポイントとしては3 point turn自体は全然難しくないのですが、ターン前にウインカーを出すこと
目視で安全を確認することが大事です。また縁石にタイヤをぶつけると一発アウトなので気をつけましょう




その他覚えておきたい英語は

縦列駐車:Parallel Parking
片寄せ(車道に寄せる):pull over
信号機:traffic light


必須の知識としては
下りの駐車のときは右にハンドルをきる
のぼりのときは左にハンドルをきる
→もしもブレーキが壊れた場合に縁石に車のタイヤをはやくぶつけられるようにです。右側通行なのでちょっと考えてもらえれば理解出来ると思います(僕はクラスのときには英語だったためかよく理解できませんでしたが、ネットで確認して理解出来ました)


残りの、詳細は後編で!
しかしただの路上試験でも合格はとても嬉しいです


by kaigaiwataihenda | 2015-09-20 22:16 | 自動車免許試験 | Comments(0)

インパクトファクター 2014年(集中治療)

インパクトファクター
2014年(集中治療)


2014年度版、集中治療領域のインパクトファクターです
ちょっと文字が小さくて見にくいですね。

e0345436_05244976.png

1位 AJRCCM (American Journal of Respiratory Critical Care Medicine ) 12.9点
別名、ブルージャーナル(表紙が青いため)。集中治療のトップジャーナルであるとともに、米国呼吸器系雑誌のトップジャーナルでもある。このレベルの研究を一度はやってみたい。

2位 CHEST 7.4点
安定のCHEST。個人的には集中治療系よりも呼吸器内科の先生が多く出しているイメージ。心臓ならCirculation、頭ならStroke、胸ならCHESTというイメージ。インパクトファクター以上に呼吸器分野での貢献度が高い。

3位 ICM (Intensive Care Medicine) 7.2点
今年はまさかの7.2点。例年は5点前後である。近年はガイドラインを多く出しており、おそらくその影響ではないかと考えられる。ヨーロッパでの集中治療のトップジャーナル。

4位 CCM (Critical Care Medicine) 6.3
アメリカでの集中治療のトップジャーナル。ICM、CCとともに集中治療の3大雑誌として知られる。3大雑誌ではいつもトップであったが今回ICMに抜かれる。ヨーロッパでの集中治療の盛り上がりにアメリカが負けているのかもしれない。

5位 CC(Critical Care)4.4
3大雑誌の1つ、CCMと異なりオープンジャーナルであることから一般の人でも読みやすいのが特徴である。また敷居が低いが良い論文が多いという印象。


上記目指して研究頑張ります!ちなみにCCには2度論文出したことありますが、AJRCCMに一度で良いから出してみたい。インパクトファクター5点くらいまでは日本でも手が届きますが、それ以上は急にレベルが上がる印象です。




by kaigaiwataihenda | 2015-09-19 04:50 | インパクトファクター | Comments(1)

ハーバード大学のCOOP

ハーバード大学のCOOP


ハーバード大学のCOOPに行ってきました。

ハーバード大学COOP
住所:1400 Massachusetts Ave., Harvard Sq. Boston,
営業時間:本屋 9~22時(日曜は10時~21時)、グッズ9時〜21時(日曜は10時〜19時)

ハーバードグッズや本(もちろんほとんどが洋書です)が売ってあります
また中にちょっとしたカフェもあるのでコーヒーを飲みながらゆっくりとすることも出来ます

e0345436_20371312.jpg
e0345436_20424515.jpg



私はハーバードグッズはあまり興味はないのですが、お土産にはとても人気があるようです。コーヒーを飲みながら週末をゆっくり過ごしました。また以前はハーバードの医学部の方にもCOOPはあったのですが、医学部の方は人数も少ないためか無くなってしまいました。

医学部の方は職場の隣なのでまた時間があるときにご紹介します。
ボストンにいらしたらハーバードのCOOPに是非足を運ばれてみてください
*PS. 近くに山頭火ラーメンありますよ











by kaigaiwataihenda | 2015-09-15 20:47 | ハーバードCOOP | Comments(4)

世界敗血症デー

世界敗血症デー

皆さんは世界敗血症デーとな何かご存知でしょうか?


e0345436_14575460.jpg
e0345436_14581787.jpg





心臓の拍動が3回打つ度に敗血症で亡くなる人がいるという危機的状況を回避するため世界敗血症同盟(Global Sepsis Alliance)が設立されています。その団体による敗血症(Sepsis)の啓蒙活動として世界敗血症デーが設立されました。




その世界敗血症デーですが、毎年の9月13日を世界敗血症デーと定めています
まさに今日がその日ですね
有楽町駅でイベントが行われる予定です


敗血症を減らすには、2020年までに5つの目標を定めています

1. 感染症の予防対策により敗血症の発症率を20%低下させます。
2. 敗血症の早期発見と治療体制の確立により救命率を10%改善させます。
3. 世界中で、適切なリハビリテーションを受けられるようにします。
4. 一般市民と医療従事者の敗血症に対する理解と認知度を高めます。
5. 敗血症を予防・治療することによる社会的な効果を評価します。

皆さんも敗血症のこと色々と勉強してくださいね







by kaigaiwataihenda | 2015-09-13 14:58 | 敗血症 | Comments(3)

同期が仕事を辞めてしまう

同期が仕事を辞めてしまう


私とちょうど同じ時期に入職したインド人の女性研究者がいました。彼女は今の研究室に来る以前は膠原病の研究をやっており、好中球の機能やHLAに興味を持って敗血症中の好中球機能の研究がしたくて入職したようです。

ちょうど私が韓国に学会に行って返って来たら彼女は辞めていました。私が韓国に行く前に他のスタッフと研究機器の熱い話をしている光景は見たのですが、アメリカでは言い争うみたいなことは日常茶飯事なのであまり気に止めていませんでした。どうやら研究になかなか慣れないということと、意見が合わない、また高速液体クロマトグラフィーという高価な機会を壊してしまったのが原因のようです。高速液体クロマトグラフィーは使うのが難しく、場所によっては専属のテクニシャンがいます。私の場合は使ったことのない機器を扱うときはかなり慎重に扱いますが、遠慮なくガシャガシャ使って壊れたようです。

私は入職同期ということと、彼女の英語は私にとってとても聞き取りやすかったので非常に仲良くしていただけに残念です。アメリカ人は日本人を見るとあまり英語が出来ないだろうと変な気を使ってしゃべりかけてこないのですが、彼女はインドなまりの英語でどんどん喋りかけてきてくれたのが、逆に私にとってはよかったです。ちなみに最初は皆優しい英語でしゃべりかけてくれましたが、最近では私が多少英語を喋れると見ると、最近はドンドンはやくなり聞き取れないことが増えてます。今の職場はもちろん日本人は私のみなので、理解できないと仕事に支障が出ます。

こちらでは職場があわないと皆次々と辞めて行きます。
またボスがクビにすることも多々あります。
彼女の場合は機械を壊したことが決めてになっているので両包の要素があったようです

私も何としてもこちらに残って結果を出さねければなりません。。

今日は夜中まで残って仕事中です。

e0345436_20172791.jpg
(病院の夜間ロビー)




by kaigaiwataihenda | 2015-09-12 20:18 | ドクターKの研究 | Comments(0)

Harvard Medicine News

Harvard Medicine News


ハーバードのIDを持っていると週に数回
Harvard Medicine Newsなるものがメールで送られてきます。



e0345436_12010662.gif




今日はブリガムのStephen J. Elledge教授(遺伝学)が DNA damageに関する研究でLasker Awardを獲ったというニュースでした。

こちらにいると、NatureやScienceに論文を出す人をそれなりに見かけます
私のような救急医をやりながら研究をしているのは研究者としてはヒヨコみたいなもので
研究だけをひたすらやってきた研究者も多いです
(そういった方はほとんどが医者ではなく、生物系、農学系、工学系の出身です。医者で研究だけをやっている人は
臨床を最初からやらずに医学研究をやろうと決めている方です)

そのような方は私のような小さなGrantではなく、日本でも数人しかもらえないような大型の研究費を獲得してきています
ただ皆さん私と同じような感じで若い人が多いため、過去の論文が多い方だけではありません
日本での論文が少なくても可能性を評価されてこちらに来ているようです
ただ本当に宝くじのような要素も研究にはありますので、大穴狙いの研究をして小さな成果も挙げられずに帰国する方もいます

本当に競争世界です
私は臨床をやりながらの研究者ですので、大穴狙いではなく、中の上もしくは上の下くらいの研究で
救急領域でインパクトのある論文を目指して頑張ります。。









by kaigaiwataihenda | 2015-09-09 12:11 | ハーバード大学について | Comments(0)

山頭火ラーメン in ボストン

山頭火ラーメン in ボストン


ボストンではラーメンがとても人気があり、日本からのラーメン店が多く進出しています。そのなかでも美味しいと有名なのが、「山頭火」。日本では東京にもあるようですが、東北を中心にお店が多いようです。
e0345436_12320264.jpg
見た目もアメリカっぽく、「SANTOUKA」。お店のなかはアジアンな感じのお客さんが多かったです。

e0345436_12331646.jpg
皆、一心不乱に食べてますな。

e0345436_12344085.jpg
メニューです。ラーメン一杯が11.25ドルなので大体日本円で1300-1400円くらいでしょうか。

e0345436_12362858.jpg
チャーシューセットにしました。税金など全て混みで20ドル(日本円で2400円)。
まあ日本の倍くらいする印象ですが、ここはボストンなのでラーメンを食べられるだけ幸せかもしれません。

お味はとても美味しかったです!


by kaigaiwataihenda | 2015-09-07 05:32 | ラーメン | Comments(0)