カテゴリ:執筆一覧( 6 )

トップ10記事、2500人アクセス/週

トップ10記事、一万人アクセス/月



ブログのアクセスは平均して2500人アクセス/週くらいなので、一ヶ月で1万人の人(同じ人を含む)がこのブログを見ています。たいした記事はほとんどないですが、留学して日本と疎遠な身としてはうれしい限りですね。。あと何故かアクセスカウンタはきちんと計算出来ていません。。日本に帰ったらまた当直の日々が待っていますので、今のうちに書きたいことは書こうと思います。。

現在のトップ10記事

1 敗血症の定義の改訂
2 ボストンの地下鉄
3 自動車免許試験2015
4 YUMEWO KATARE
5 ボストン公共図書館
6 助成金の申請
7 髪を切る IN ボストン
8 心肺蘇生ガイドライン
9 ハーバード大学のCOOP
10 ボストンの買い物


です。

敗血症のことを知りたくてこのブログをアクセスしてくれる人が最も多く、他はボストン情報、留学情報を求めている人が多いですね。

敗血症の記事も今後はもう少し書いていこうと思います。










by kaigaiwataihenda | 2016-05-10 10:29 | 執筆一覧 | Comments(0)

共同研究・論文作成・研究相談の募集

共同研究・論文作成・研究相談の募集



現在多くの論文相談や共同研究をしています。私がメインのものはそれほど多くはないですが、共同研究はおそらく15個くらい同時で走らせています。

つきましては共同研究がしたい、論文作成を手伝ってほしい、研究の相談がしたい等ありましたらご遠慮なく下記へご連絡ください。得意な分野は外傷、敗血症、蘇生等です。基本的に救急分野が嬉しいですが、どのような分野でも私に出来ることであれば大丈夫です(要 応談)。実際に救急以外の例としては、循環器分野や周産期分野の研究も手伝っております。
手法も臨床研究論文、基礎研究論文でもどちらでも大丈夫です。

連絡先
kaigaiwataihenda@excite.co.jp

アメリカにいる間は日本にいるときより時間があるので、皆様と協力して多くの研究が出来たら良いなと思います。
お話だけでも大丈夫なので、お気軽にどうぞ。



少しずつ暖かくなってきた、ボストンより




by kaigaiwataihenda | 2016-04-12 08:07 | 執筆一覧 | Comments(0)

Share your story

Share your story



e0345436_12352927.jpg


大学のホームページにShare your storyというのがあります。
何故ハーバードに来たのかのインタビューのページがあるのですが、私も載っておりました。アメリカに来てすぐの写真なのですっかり忘れてしまってました。



全然たいしたこと書いてないですね…。しかも日本人はほとんどいないし。
もっと真面目にかけば良かったです。。




by kaigaiwataihenda | 2016-01-16 12:20 | 執筆一覧 | Comments(0)

エキスパートナース

キスパートナース


だいぶ遅くなりましたが、エキスパートナースに敗血症の原稿を書きました。


e0345436_09250665.gif
敗血症の治療は日々進歩しています。
今年の目玉は「敗血症」の定義が変わりそうです。今までは「感染を伴うSIRS=敗血症」だったのですが、今後はさらに臓器障害を伴ったもの、という風に変わる予定です。つまり今までの重症敗血症が敗血症となります(重症敗血症という定義はなくなります)。

今後の研究成果も楽しみです^.^





by kaigaiwataihenda | 2015-12-15 09:23 | 執筆一覧 | Comments(0)

心肺蘇生ガイドライン2015年度版

心肺蘇生ガイドライン 2015年度版



今週は2015年度版の心肺蘇生ガイドラインが発表されました。日本だけでなく、世界中での同時発表です。
5年毎に改訂されますので、次は2020年の発表になります。

こちらからダウンロード出来ます。↓
(無料で日本語ですので、ご自由にどうぞ)

e0345436_07171259.png
主な変更点ですが、
1. 圧迫のテンポが100~120回/分の範囲。
2. 成人に対する圧迫の深さが 2 インチ(5 cm)以上,2.4 インチ(6 cm)以下。
3. 胸骨圧迫の戻りを確実にするため、救助者は胸部にもたれない 。
4. 目標とする胸骨圧迫時間比をできるだけ大きく,60% 以上に設定して,最小限の中断の基準が明確。
5. 高度な気道確保器具が留置され,継続的なCPRが行 われている患者には,6 秒ごとに 1 回(10 回/分)に 簡略化した人工呼吸が推奨される。

などです。うわさにされていた人口呼吸が無くなるのではないかとのことでしたが、今回も心臓マッサージ:人工呼吸=30:2のままとなっています。

また私たちの論文もガイドラインに入っていました!
ハーバードに来る前の完全なメイドインジャパンの仕事です。

日本人が世界とどう戦うのか?
日本の救急医として、今後も頑張ろうと思います。





by kaigaiwataihenda | 2015-10-18 07:28 | 執筆一覧 | Comments(3)

外傷の集中治療管理

外傷の集中治療管理

外傷患者の集中治療管理について、執筆した原稿がLISA8月号に出版されました。
外傷患者は出血だけでなく、凝固異常等も引き起こして重篤な状態になります。またそのような場合にお腹を開けっ放しにする治療法があります。

その名も" Open Abdominal Management"
e0345436_09595575.jpg
LISA 8月号

もしお暇でしたらご覧ください。
今後は読んだ論文等の説明等も書いていこうと思います。




by kaigaiwataihenda | 2015-08-11 10:02 | 執筆一覧 | Comments(0)