カテゴリ:トピックス( 2 )

アクセス10万人突破!

アクセス10万人突破



気がついたらブログアクセスが10万人を超えていました。エキサイトブログのアナリシスを見るとIPアドレスが10万人突破しているようなので、実際のアクセスはそれよりもかなり多い50-100万アクセスくらいありそうです。これを期に海外留学、救急医に興味を持つ方がより増えれば大変嬉しく思います。

 救急医療は医者になってすぐどの診療科の医師も必ず経験しますが、初期臨床研修が終われば晴れて救急医療も卒業ということになる専門診療科の医師の方は多いです。また初期臨床研修後に救急医になることを選択した医師も辞めてしまうケースも多く見てきました。”救急医の魅力”、それは言葉で説明するのは難しいのですが、色々な角度から”救急医学を追求”すればするほど、わからないことが増えてきます。いつまでたってもわからないことだらけ、それが救急医学の魅力の1つのように思っています。






by kaigaiwataihenda | 2017-05-22 14:20 | トピックス | Comments(0)

日銀総裁発言で急騰 122円台

本日のyahooニュースですが、「日銀総裁発言で急騰 122円台」の記事です

「日本銀行の黒田東彦総裁は10日、外国為替相場について、実質実効レートでは「ここからさらに円安はありそうにない」との認識を示した。これを受けて外国為替市場では円買いが膨らみ、1ドル=122円台まで円高が進んだ。」
「黒田総裁の為替相場についての発言を受けて、ドル円相場は急速に円高が進んでいる。1ドル=124円半ばで推移していた相場は1ドル=122円台まで円が買われた。同時に日本株も急速に上げ幅を縮小、前日比で100円以上値上がりしていた日経平均株価は一時下落に転じた。」

一時期124円までいっていた円安が、今日122円まで下がりました。家賃はドル払いであり、ボストンの家賃は東京の山の手線付近の家賃よりも高額であるため、円安がすすむとかなり生活が厳しいです。

 またハーバードのような一流の研究機関は、外国人研究者は最初は殆ど無給です。給料が出るところがあったとしても、人気がなくて研究成果があまりないところであることも多いため注意が必要です。ほとんどの研究者が最初は無給で行って、半年〜1年後くらいに自分の実力や能力を示して給料交渉に入ります。私もハーバードの方からの給料はありません。幸い日本で給料をいくらか出してもらうことが出来たのでまだ恵まれている方です。。また日本人は日本からお金を持っていくため、海外で日本人研究者というと、「日本人は自分の国から給料もらえるから、留学先では給料なし」みたいな風潮もあるようです。

 私のいく所では日本人に限らず全員無給スタートです。その半年〜1年の間に使えないと判断されれば解雇、給料を払うに値するとおもわれれば正式採用となるようです。



日本みたいに、給料がもらえて当然の世界とは違います。。
私も頑張らねば。






by kaigaiwataihenda | 2015-06-10 16:06 | トピックス | Comments(0)