ボストンでの銀行口座の開設(Bank of America)


ボストンでの銀行口座の開設

(Bank of America)
e0345436_21584553.jpg
無事に銀行口座開設が終わりました。日本とシステムが違うので大変ややこしいです。講座を作るときに、預金用とCheking用の2つあるが、どちらを作りたいのか聞かれます。両方作る人も多いようです。私は預金をするつもりは全くなかったので、Cheking用アカウントのみ作りました。SSN(social security Number)があるか聞かれましたが、この時点ではありません。また米国の携帯電話もなかったのですが、不動産会社が会社の電話番号を使ってよいとのこと使わせて頂きました。あとはもちろん、パスポートを見せて、年齢等聞かれます。あと預金残高によってはある一定額下回ると、米国の場合は口座の維持費を取られます。その最低預金額は1500$でした(1500ドル下回ると5ドル/月?(きちんとした額は覚えていません)くらい取られます)。そのため早速1500ドル預金しました。

何故銀行口座をすぐ作るかですが、家賃の支払い、電気代の支払い、インターネットの支払いをするには現地の銀行口座が必須です。Bank of Americaは全米ほとんどカバーでき、またオンラインでのネットバンキングも自由です。口座を作ったそのお店ですぐに、インターネットのアカウントも登録しました。また7月分の家賃も早速振り込んでみましたが、特に問題なさそうです。

e0345436_21594403.jpg
あとはこのBank of Americaの口座にどうやって日本円からドル建てで預金するかですが、ここで東京三菱UFJグローバルダイレクトの出番です。本当にきちんと海外送金できるのかおそる恐るやってみましたが、問題なく出来ました!手数料は日本円で3500円と、ドルの方から15ドル引かれました。なので合計で5000円ちょっとです。ただ金額によってこの額は変わるようです。私の場合は10000ドルの手数料がこのくらいでしたので、もしかすると20000ドルなら2倍、30000ドルなら3倍くらいでしょうか。ただしばらくこれで生活出来そうです。

あとこちらのカードは基本的にVISAのデビットカードになります。クレジットカードはほとんどSSNがないと作れないようです。私もデビットカードのみ作りました。このデビットカードですが、最初1500ドルしか預金がないため、家賃を払ったらどうなるのだろうと思っていましたが、マイナスにも出来るようです(ただマイナスになると利子が高いようで、私はマイナスにはしませんでした。海外送金で残高を増やしてから家賃を払いました)。

また銀行で口座を作ると小切手をもらうことが出来ます。こちらでは小切手の習慣が普通にありますので、小切手帳も持っておいた方が良いです。私も車と、車の保険代は小切手で支払いました。また小切手帳は1冊1500円(50回分くらいのようです)しますが、インターネットで注文すると割引があります。私はインターネットで注文しました。

あとは日本にいるときに作成したCity Bankのカードも使って引き出せるか試してみましたが、大丈夫でした。ただ思ったより引き出せる額は小さそうです。1000ドル以上は引き出すことができず、700ドルならOKでした。買い物程度で使用する額であれば全く問題なさそうですが、家賃用に引き出す等の大きな額の使用は難しそうです。


何はともあれ、無事にカードが出来ました。。







by kaigaiwataihenda | 2015-06-28 22:38 | 米国の生活 | Comments(3)
Commented at 2016-12-01 11:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kaigaiwataihenda at 2016-12-01 13:30
たさん、コメントありがとうございます。
TransferWiseはうわさには聞いていますが、実際使ったことはないですねえ。
知り合いはよく楽天銀行が安くて便利だと言っています。
http://www.rakuten-bank.co.jp/geo/remittance/service/

私の場合はずっと三菱東京UFJ銀行を使っていて、今でも書籍の原稿料などの収入が東京三菱UFJに振り込まれているのでそのまま使用しました。また三菱東京UFJはドルでも貯蓄出来るので非常に便利です。
Commented by cialis_online at 2017-11-24 12:17 x
Hello!
名前
URL
削除用パスワード
<< Pre-Employment ... 無事に渡米しました ver1 >>